ウィリアム・モリス

Photo
今春のローズクラブは川崎市多摩区・生田緑地バラ苑へ

苑に入るや、4700株のばらの香りに包まれ幸せな気分に

そして、ウィリアム・モリスに出会うpunch

あなたはイギリスのモリス庭で咲くバラ?

と問いかける

はい、あなたに会うためにやって来ました! と答えが返ったきたような?

バラとその名前の由来を想像しながら歩くのは楽しい

約530種ほどのバラに挨拶して回ったが

残念ながら、イル・ディーボには出会えず。。。

後半はバラとのツーショットに集中!

ハイブリッド・ティー・ローズの前では想像以上の予期せぬ映りになる不思議を期待したけれど無理でしたpunch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋萩に置きたる露

Hagi

先週は豪雨に見舞われ、各地で大きな被害が出た。

そして、雨上がりの頃、植え込みにひっそり咲く秋萩を見つけ、

「万葉集入門」(上村悦子著)をひらく。

秋萩に置きたる露の風吹きて 落つる涙は留めかねつも

(山口女王やまぐちのおほきみ)が載っていたので、

萩の絵ハガキに、この歌を書いてみた。 いつもながら上手くゆかない。。。

萩に鹿を詠んだ歌も多いけれど、どれもピンとこない。。。

路線変更punch

白露もこぼさぬ萩のうねりかな 芭蕉 「栞集」

Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏休みの宿題

Photo_4

Photo_2今年の夏休みの宿題はワンポイント刺繍。

提出期限が早く焦りましたが、どうにか締切日に4枚提出punch 

少なくてスミマセン。。。それにストレートステッチの目が粗くなってしまいましたcoldsweats02 

皆さまから集まった図柄はいろいろ、花や果物、そしてジャムの入ったカワイイ瓶など、手芸の達人は細かな仕事に喜びを感じるそうで、クロスステッチのxの小ささは驚愕もの!

これから、この刺繍を施した布地を用紙窓枠に貼り付け、グリーティングカードに仕上げる作業が待っています。 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎日暑い

008_3
先週中頃、自転車並み速度の大型台風が通過すると、

関東地方は突如梅雨が明け、夏休みに入った。

  毎日暑いsweat01 がやって来た。

来週からは第55回記念現日書展の準備が本格的に始まり、

上野・東京都美術館での肉体労働が待っている。

天気を嘆き身も心も萎れきってしまわないよう、奮発しリポビタンゴールドを飲んでみるpunch

筋肉増強も熱中症対策には必要なので、鶴岡八幡宮まで大汗かいて散歩sign02

源氏と平家池は蓮の花がほとんど咲き終わり、一面が緑の葉に覆われている。 これもまた良いけれど。。。

この間まで、書いていた「泥中蓮」は結局まとまらず。。。

010

Img001_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西行の歌を

004

Sakura_3
002
「春風の花を散らすと見る夢は覚めても胸の騒ぐなりけり」

今日は朝からあいにくの雨。 昨日、買い物の道すがら、お気に入りの超近場(お隣の公園と200メートル先)でソメイヨシノを鑑賞しておいてよかったpunch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスローズ

Ml_sn3r0082
昨日見かけた大株主のクリスマスローズ。 

横浜・日本大通りにほど近い海岸教会の前庭に咲いてました。

花言葉はいたわり。

いつもうつむき気味なのは何か心配事でもあるの?と問いかけたくなりますが、

花器に長短おりまぜて活けると春らしく、希望に満ちた姿へと変身しますpunch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新顔のすずらん

001

いろいろな花が咲きみだれる季節。 5月になり一際目をとめ楽しませてくれているのはすずらんです。

住まいの階段脇にある植え込みで今年発見した新顔!

鈴蘭によく似た花を付ける鈴蘭水仙が咲き終わり、群生する大きな株が風で倒れたころ、その足元にかわいい花を付けていました。

これまた可愛い1階に住む2歳の夏ちゃんもきょうみしんしんしん(*^-^)

しばし、なっちゃんのお母さんと3人で体をかがめて鑑賞。

昨年までは影も形もなかった?のに、ほんものの鈴蘭が現れた~

鈴蘭に 憩うをとめ等の 肩見ゆる  水原秋桜子

鈴蘭の束 小さくとも 香にまみれ   稲畑汀子

一隅は 鈴蘭の群れ 陽をためて   斎藤朋子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菫の花咲くころ

Sumire
鎌倉源氏山公園を散歩した折、桜の木の下に紫色の花を付けた山野草が群生していた。

道端でもよく見かけるこれって菫の一種? 違うような気がする。。。後日、花大根と判明!

家に戻り、菫の句を探すと、

薄曇り 都のすみれ 咲きにけり (室生犀星)

かたまって 薄きひかりの すみれかな (渡辺水巴)

001

どちらも、ここしばらく続いているスッキリしない空模様が織り込まれている。

しばらくして、小物屋「ここん」閉店セールで仕入れた絵はがきの中に、すみれ柄が一枚あったことを思いだし、書いて観る。

アイタタ。。。 弱弱しく寂しい、その上右寄りになってシマッタweep

お手頃アンティークなスミレのブローチを落款印がわりに置き、この場面を救済してもらう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生きることは一筋がよし

Photo

生きることは 一筋がよし 寒椿 (五所 平之助)

早、二月。 第53回現日春季書展の開催が今月20日に迫っている。。。

そして、未だ提出作品と格闘中。。。

以前書いた題材に向き合っているが、もはや相手のことを知りすぎてしまった人間関係のようになり、一筋な気持ちは薄れ遠のく。。。

いやはや、煮詰まる前にこのように焦がしそうになった時は、気分転換が必要!

この期に及んで、つばきの絵柄に「一筋がよし」と書き添え水を注してみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南蛮煙管

001

心待ちしていた秋の訪れに気が緩んだのか?

二週間ほど前に実家で足を滑らせ転倒。。。背中の右上部を打ち、万事窮す!となった。くしゃみ一つするのも痛くて痛くて~

 

けれど、どうにか治り、足元に注意しつつ、駅前の書店へ立ち寄ると、外山康雄さんの水彩で描いた秋の花々の絵葉書が並んでいた!

秋海堂(しゅうかいどう)、吊花(つりばな)、紫式部(むらさきしきぶ)などを選ぶ。

この絵葉書で、先延ばしにしていたお礼状を書くことにしよう。

先ずは南蛮煙管(なんばんきせる)をセレクト♪

葉書裏側の解説には、山野に生え、ススキなどの根に寄生。秋、花茎に紅紫色でつぼ型の花をつける。別名、思草(おもいぐさ)とある。 この親切な作りに感激! 

残りの三枚には、季節の言葉を書き添えてみることにしよう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)