« ビアトリクス・ポターを訪ねる | トップページ | 第53回現日書展開催中 »

暑中お見舞い申し上げます

007

夏のご挨拶ハガキは、「暑中お見舞い申し上げます」から始めるとスムーズに書きすすめられる。

筆不精な私も、この時期にご無沙汰続きの方々へ数枚書く。

今年は、金魚、鮎、めだかの絵柄にしよう!

その前に、このハガキに添えてみたい句を探そう!

   ゆるやかな 水に目高の眼のひかり  山口誓子

めだかも金魚と同じで水鉢などで飼って涼味を楽しむので、春ではなく夏の季語とある。

 

マチスが描いた「Les Poissons rouges 」金魚鉢で泳ぐのは出目金か?

  大出目金 やあ楸邨といふらしき   加藤楸邨

 

白地に斜め使いの川面にほとばしる勢いで上る鮎の図には

  雨霧の夜や ひたのぼる 鮎ならむ   楸邨

を選ぶが、登ると書いてしまった。。。

  鮎のため 川は流れて 未来あれ (和知喜八) に同感。

                  2013年 盛夏

|

« ビアトリクス・ポターを訪ねる | トップページ | 第53回現日書展開催中 »

日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172277/57867752

この記事へのトラックバック一覧です: 暑中お見舞い申し上げます:

« ビアトリクス・ポターを訪ねる | トップページ | 第53回現日書展開催中 »