« 丘の上にある村 | トップページ | 林の向こうから »

はくちょう座について

Photo

奥山共心氏刻。 星夏二文字の上部に白鳥座が瞬く雅印。

我が家の百科事典によれば、はくちょう座は夏、天頂近くに見える十字型の星座。

大きく羽を広げた白鳥座の主星デネブは、琴座のベガ、わし座のアルタイトとともに、夏の大三角形、

ギリシャ神話ではゼウスが変身して妻ヘラの目を逃れ、スパルタ王妃レダに会いにいく姿らしい。。。

またの名を北十字星(ノーザンクロス)、フムフムそうですか。

すてきな雅印を手に出来てうれしい! けれど、この印に負けないように書こうなどと決して思ってはならない。

無理なことは考えずに、両肩の力を抜いて書かねばと思う

が、「自然体で書く」は超難しい。。。

|

« 丘の上にある村 | トップページ | 林の向こうから »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172277/54844054

この記事へのトラックバック一覧です: はくちょう座について:

« 丘の上にある村 | トップページ | 林の向こうから »