« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

はくちょう座について

Photo

奥山共心氏刻。 星夏二文字の上部に白鳥座が瞬く雅印。

我が家の百科事典によれば、はくちょう座は夏、天頂近くに見える十字型の星座。

大きく羽を広げた白鳥座の主星デネブは、琴座のベガ、わし座のアルタイトとともに、夏の大三角形、

ギリシャ神話ではゼウスが変身して妻ヘラの目を逃れ、スパルタ王妃レダに会いにいく姿らしい。。。

またの名を北十字星(ノーザンクロス)、フムフムそうですか。

すてきな雅印を手に出来てうれしい! けれど、この印に負けないように書こうなどと決して思ってはならない。

無理なことは考えずに、両肩の力を抜いて書かねばと思う

が、「自然体で書く」は超難しい。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丘の上にある村

Photo

南仏ゴルドのこの景色はお馴染みですが、この丘に車を走らせ、5ツ星ホテル La Bastide De Gordes & Spaのテラスからの眺めは最高です!

かつて、「南仏プロバンスの12カ月」の著者P・メールが惚れ込んだ素晴らしいリュべロン渓谷のパノラマが楽しめます。

多くの人々が集まる村の市場でラベンダーはちみつを求めた後、思い切って敷居の高そうなBGを訪ね、

少々お高めなカフェオレに尻込みしつつも進み入ると、そこには静かに雄大な景色が拡がっていて。。。うっとり♪

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卯月のこと

Photo

現日代表書家展Part2は、多くの方々がご来観下さり、4月29日に閉幕。

当番の25日、最終日と二度会場へ出かけ感じたのは、銀座鳩居堂のしっとり落ち着いた雰囲気は良いなあ~ということ。比較的小品の作品展示にはピッタリの場所!みんな来て観て納得の一押し会場物件?

卯月から皐月へ。そして、ツツジが一斉に咲き揃ったころ、やっと、弥生から続いた慌ただしい日々が一段落したが、

結局、友人へ書展案内を送付出来ず。。。

来年も桜の季節に、是非またこちらでと願った。

写真はフランス・ジベルニ―、モネ邸園の桜とチューリップなど。

4月18日に出かけたジベルニーは肌寒く雨模様。美しい花々に出会うには時期早すぎ?と心配したが、庭園に立つと全ての懸念は一掃され、プロの庭師による行き届いた手入れは見事で感心しきり。

当時のまま保存展示されている邸内も興味津津。モネが影響を受け収集した浮世絵が壁にところ狭しと並べられ、不思議と存在感ある家具調度品と調和していた。

窓が大きく開かれた明るい家、池、そして花々が咲き乱れる美しい庭。平面的な絵画より、立体的な鑑賞物に出会った時の手ごたえをこの頃強く感じるようになった。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »