« 頌 春 | トップページ | 立春を迎え、東京へ »

新潟の思い出

023_2
昨年12月に開催した2011書TEN -生きる- から早一か月!

思い出がとっさに消えてしまう今日この頃。。。

お正月はどうだったの? (答) え~と、おせち、お雑煮、がめ煮、飛んで七草がゆ、鏡開きのお汁粉。。。を食べました~、と「食」の記憶だけは健在。

これはいけない! この前記録できなかった2011書TEN in 新潟を少しふり返ろう。

①新潟メンバーの入念な準備により、広く落ち着いた会場展開!

会場を入口から左回りにご案内。。。

007

010

②新潟までの良き同行者を得、旅は道連れ夜は食事!

こうして、また、「食」に辿り着いてしまうが、新潟駅にほど近い冨寿司さんで、板さんにお任せfish+越の寒梅と雪中梅bottleは、海の幸と美味しい新潟米との幸せなマリアージュ。

夢に描いていた味わいに舌づつみを打ちながら沢山話した。会津八一記念館、信濃川の輝く夕景、日本海に吹く冷たい風。。。結局、これらを糧に佳い書を書いてゆきたいという単純明快な結論に至ったことは思い出深い。

006

テーマ作品に「陸奥・・・」、前回展同様 雪 月 花 という自己テーマに「雪」「寒月」「八重椿」を書いた。ちなみに、2010書TENは「雪」「冬の月夜」「落椿」。

花の題材は今年も「椿」になりそう。 昨日、一つ仕事が終了したので、百椿図を訪ねて みることにしよう。

|

« 頌 春 | トップページ | 立春を迎え、東京へ »

書TEN」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172277/53385118

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟の思い出:

« 頌 春 | トップページ | 立春を迎え、東京へ »