« 気負うことなく | トップページ | 海辺での回想 »

アドベントカレンダー

001_2
12月1日。 ターシャ・テューダーの絵本二冊を本棚から取り出す。

「ベッキーのクリスマス」は、昨年クリスマスに購入し即読破?したものの、「アドベントカレンダー」は開かず年越し、来年のお楽しみにと封印していた。

このカレンダー、24枚の扉を12月1日から毎日一枚づつ開け、クリスマスを迎えるよう作られていて、

今日、ついにその時がやってきた^ ^

N.Y.ロックフェラーセンターのクリスマスイルミネーションが映し出された部屋カレンダーの前に並べてみる。

左ページ時計塔上の①扉を開ける。。。なんと小鳥がチェロ演奏!?

架空の村、ニューハンプシャーの西、バーモントの東のにぎやかなコーギビル村は、これから日毎、あちこちの窓が開かれてゆく。

日めくりカレンダーのような、ジグソーパズルのような。 全開の暁には見開き2ページにコ―ギーとウサギと猫たちの歓声あがる世界が完成?するらしい。。。

003

|

« 気負うことなく | トップページ | 海辺での回想 »

日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172277/53378354

この記事へのトラックバック一覧です: アドベントカレンダー:

« 気負うことなく | トップページ | 海辺での回想 »