« 仲秋の名月を詠む | トップページ | ガラスと和紙の融合 »

ラリック先生と遊ぼう

先週末は箱根・仙石原へ。

箱根ラリック美術館に隣接する宿泊施設は久々のヒット。

003

一枚仕立てのエントランス鉄板扉は冷たく、銀行の地下金庫に入るよう。。。

けれど、この堅固な扉が開くとそこは別世界ですよね? 

サプライズを先読みします。

001

やっぱり。 正面の中庭には大きな池がひろがり、緑の木々が生い茂り、その中に埋もれるように家屋が潜んでる。

6階の展望ぶろと屋内プールからは明神岳、金時山、丸岳を望み、

夕食は水辺に張り出したレストランで。。。 すべてが非日常的な空間~~

けれど、今、印象に残っているのは、オニヤンマとヨーロッパミヤマクワガタ!

箱根ラリック美術館で開催中の夏休みイベント(9月30日まで)、

「ラリック先生と遊ぼう 虫の自由研究」のワークショップ(大人だけの参加も可)で作った立体昆虫切り紙!019

丁寧に指導してくれたシルフィード姉さん、新しい発見をありがとう。

ルネ・ラリックの眼差しは熱く昆虫に向けられ、宝飾とガラス工芸品のデザインにその姿を美しく再現してますね。

子供用に昆虫標本も並べての作品解説。 お陰さまでよ~く理解できました♪

|

« 仲秋の名月を詠む | トップページ | ガラスと和紙の融合 »

旅の空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172277/52783048

この記事へのトラックバック一覧です: ラリック先生と遊ぼう:

« 仲秋の名月を詠む | トップページ | ガラスと和紙の融合 »