« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

はい、ローズ!

010

先週の土曜は良い天気に恵まれ、絶好の散策日より。

それで今年もローズクラブは「鎌倉半日よく歩き」を決行、鎌倉文学館はコース第2中継ポイントでした。

結構賑わう館内では米原万里展~ロシア語通訳から作家へ~が開催中。

見学してから屋外へ。なだらかに下り広がる芝生の庭に立つと由比ガ浜の景色が一望でき、爽やかな風と解放感に包まれます。

その先がお目当ての比較的小規模ながら188種200株がぎっしり並ぶコンパクトなバラ園。

今年は丁度咲きそろった頃に訪ねることが出来て良かった!happy01

そして、写真ピンク色の美しいつるバラ「羽衣」heart04に出会えた喜び。

周囲から人影が去るのを見計らい、羽衣にそっと顔を近づけ

「はい、ローズ!」coldsweats01

どうにか集合写真撮れたよう?ローズクラブ幹事はホッと胸をなで下ろしてましたが。。。

007

004 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目黒雅叙園へ

006

先月のローズクラブは目黒雅叙園へ。

こちらで唯一現存する木造建築、東京都指定有形文化財「百段階段」で開催されている人形師・辻村寿三郎展 ―安土・桃山 花の宴―を鑑賞してから、アトリウムに建つ日本料理「渡風亭」で白ワイン付き!のうれしい昼食を楽しむ内容です。

写真は、玄関ロビー正面に飾り置かれたNHK放送「新八犬伝」に登場した素晴らしい人形たち。特に、其々が纏う着物衣装は興味深い古布が使われていて驚嘆するばかり!

同時に、人形背後の格子先には癒しの滝と錦鯉が泳ぐ爽やかな水辺が広がっていることも発見!

玄関先でローズクラブは八犬とお庭発見のダブルショックでざわめきました。

さて、足の裏にケヤキ板の冷たさを感じながら階段を踏みしめ、会場を進みます。

階段廊下が繋ぐ七つの部屋には、歴史上のヒーロー・ヒロインがゆったり展示。

人形の大きさや体型はテーマ毎に違いますが、顔つきや共通する雰囲気は辻村氏独自のキャラクター。

師の人物解釈が吹き込まれた人形は精密で、今にも鮮やかに動き出しそうな気配です。

おどろおどろしい辻村ワールドと装飾豊かな部屋は見事に調和、安土・桃山を中心に平安から江戸、幕末を、私達は自由自在に「百段階段」で行ったり来たり。。。

時空を超える空間。ここで展開できる対象物は何?

そして、ただただ見入ってしまった時代物らしき古布。どのようなマーケットが存在し、入手しているのか?

鑑賞後の食事会では熱が冷めやらず、もっぱらそんな話題ばかりに終始。。。

GW突入直前に開催したローズクラブでしたが、GW後にもう一度集合を決めての解散となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

草香沙暖

0045月になりました。 「草香沙暖」、若草が香り、土(沙)が暖まる季節です。

4月上旬から、どうも眼鼻咽喉の調子が悪く。。。ここ数年決まってこの時期に風邪によく似た症状が一カ月ほど続きます。

体が重~く心もダル~~くなり、問題すべて先送り、ブログアップも先送り。。。

悩まされてるこの症状、ヒノキ花粉が飛散する時期と一致してる!と数人から指摘され、

GW前後に治まれば、完全に診断名は檜花粉症となりそう。。。

思い当たる節がある。。。私はヒノキ風呂の温泉に入るのが大の苦手なのだ?!

他に考えられる原因植物の花粉はシラカンバ、スズメノカタビラ、スズメノテッポウなど。

GW後半にはスッキリ治まってマスク外し、爽やかな風そよぐ箱根で露天岩風呂に浸かりたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »