« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

梅をかきましょう

Photo一月の教室課題は「梅」。 前半の古筆臨書では寸松庵色紙から「むめのかをそでにうつしてとめたらばはるはすぐともかたみならまし」を書きました。

この細字5行の世界は、二玄社・原色かな手本の巻頭、ブルーの料紙に拡がっています。潔い書き出しに始まり、張りのある紙にくい込んだ線、なめらかな連綿、時折顔を魅せる自由に大きく遊ぶ「め」や「志」に感動しつつ悪戦苦闘するのです。結果、少し涙しますweep

002

寸松庵色紙の歌は古今集四季の歌に限られているそうで、梅を詠んだ歌は他に「つらゆき むめのかのふりおけるゆきにうつりせばたれかことごとわきておらまし」があります。

後半は、今年の標語「おおらかな気持ち」で「明」を書き、おまけに「梅に鶯」図を描いて、やっと笑顔回復。

梅と言えば、先日のローズクラブ新年会も「梅の花」。横浜スカイビル29階の湯葉と豆腐懐石の店でみなと未来地区を見下ろしながら、テーマはお正月は寒いけれど冬の京都へ行こう!でした。

話は結構盛り上がり、南禅寺界隈の広いお庭に紅白梅が見事に咲く湯豆腐屋さん「順正」へと目的地がピンポイントされました。来年こそ、我が家も出かけたい。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒヤシンスとムスカリ

お正月の花として部屋に置いたヒヤシンス・デレフトブルーとムスカリ・アルメニアカムが、今やっと花みごろを迎えています。

期せずして、開花すると両方同色のブルーバイオレット! ヒヤシンスはかなり強烈な芳香を放ってます。001

*ヒヤシンス観察メモ* 写真↑は13日の様子、それが2日後の15日には↓

002

時折晴れた日には室内からベランダへ移動させ、日光と風に当てると俄然元気!になったよう。 成長促進したと喜びましたが、球根鉢についた栞を読むと、自然には3月中旬くらいの開花を前倒しした人工栽培がしてあるとか。かつては球根用ガラス鉢に水栽培で育て、根が伸びる様子も観察、待ちに待った花は小さく細かかったものです。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第51回現日選抜書展

短いお正月休みはやはりあっという間でした。その後の行事、七草がゆ、鏡開きのおしるこ作りは久々の美味しい出来! ささやかながらうれしい評価に気を良くして、今年は台所仕事をこまめに、日々の食卓を大切に、それに、「断捨離」します。

さて、2011年先ず初めの書展ご案内は、来月16日に開催する第51回現日選抜書展です。出品数400、一人一人独自の書風の表現を目指しています。六本木・ガラスの城で展開する現代書の森へ、 どうぞお出かけください。001_2

002_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明けましておめでとうございます

002今年の我が家の小さなお正月飾りは、ムスカリ、南天の実と雪うさぎ。 中くらい飾りは、ピターラビットとヒアシンス。大きな飾りはエーと。。。

球根の鉢はテーブルに置くと丁度よい高さ、植物の息吹を鑑賞しながら元旦のお雑煮をほお張ります。

今朝は、材木座海岸で恒例の初日の出鑑賞も実施。冷たい海には薄着の若い人々が溢れ、「寒くないかなあ~」と心配ばかりしてましたが、オレンジ色の輝きが山影から姿を現すと、待って増した!とばかりに歓声が湧き起こります。

この一瞬は震えも引き、明るい未来に向け、今年のモットーを心の中で書初めします。「仕事が立て込んでも落ち着いて!」。

昨年12月の教訓から、「平常心」などの願望数々が課題として浮かびました。。。

今年も良い年でありますように。001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »