« 来週月曜から! | トップページ | あっと言う間の6日間 »

たいせつなことは、魂を

あっと言う間にその時がやってきました。 そう! 6日月曜から「2010書TEN -今-」が始まったのです。

014_2

初日の午前中はメンバーによる慌ただしい会場準備が進み、もう沸点寸前までの高揚。

いざ開幕!の笛が鳴る前、落ち着きを取り戻さねばと、会場でお配りする目録表紙にもう一度目をやりました。

美術評論家・田宮文平氏より、この展覧会に寄せていただいた文章は、「たいせつなことは、魂を素裸にしておくことだ。」というホアン・ミロのインパクトある言葉から始まります。

この時を含め、この文章を何度読み返したことでしょう。励ましと共に、TENの概念と方向性を整然と示して下さいました。

真に自由な〈場〉、現代の空間にふさわしい新しいものを求める〈場〉

会期中、メンバーと意見交換し、其々の認識や問題意識を確認したいと思います。

004

007

|

« 来週月曜から! | トップページ | あっと言う間の6日間 »

書TEN」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172277/50252619

この記事へのトラックバック一覧です: たいせつなことは、魂を:

« 来週月曜から! | トップページ | あっと言う間の6日間 »