« 変体がなと散らし書き | トップページ | 2010書TEN -今- »

ピオーネのような紫式部

024

散歩の折にみつけた紫色の実をぎっしりつけた紫式部。忘れられない名前です。

7月頃に薄いピンクの花が咲きますが、その姿は余り人目をひきません。

秋になり、このように実を付けると、花屋の店先に人気切り花として登場。有名すぎる名前を背負い、まさに名実ともに脚光をあびるのですね。

粒の大きさは全く違うけれど、フォーカスしていくと昨日食べたブドウのピオーネ?のようで美味しそう。。。

今日は体育の日。休日散歩でフォーカスした対象があと二つ。。。

018

003

|

« 変体がなと散らし書き | トップページ | 2010書TEN -今- »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 変体がなと散らし書き | トップページ | 2010書TEN -今- »