« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

本日、銀座で開幕

いよいよ本日、第50回記念現日書展が開幕しました! お祝いの花火をあげましょう。001

この記念展は慣れ親しんだ上野・東京都美術館から離れ、会場を銀座二丁目の東京銀座画廊・美術館(銀座貿易ビル7・8F)に移しての開催となりました。会期は8月1日(日)まで。

006

会場では、50年の歴史を振り返り、創設者である南不乗先生をはじめとする功労者遺作、続いて会員、公募、教育部作品の総数約800点が一挙に展開する内容です。 どうぞ、お見逃しなく、銀座にお出かけください。以下に会場の様子など追加掲載しました。009

010

016

004

019

020

018_2

002 003

012

015 001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の海へ行ってみよう!

先週末に梅雨が明け、これで全てが一気に夏休みモードになりました。

今まで何かと気になっていた諸々も動き始め、両肩にへばりついていた重た~い石はどこかへ飛び散り、知らぬ間に体の不調は解消されたようです。

005

海の日は朝からアロハ・ヘブンのCDを部屋に流し、聴き浸ります。ハワイのリゾートに居るつもり、昼食後はワイキキビーチに出かけましょう!などと、けなげな演出?による恐い会話が続きます。

夏の海へ行ってみよう! 青い海へサンダル履きでスラスラスイスイスイ~006 と意味もなく軽快な足取りで。

| | コメント (0)

オルセー美術館展2010

国立新美術館で開催中のオルセー美術館展2010「ポスト印象派」へ出かけました。001 先の5月26日に開幕したこの展覧会は主催に日本経済新聞社が名を連ねていることから、週末の朝刊では必ず見開き以上の紙面を惜しみなく使い作品紹介しています。その集客力は絶大です!

夏休み突入前の間隙を縫えば多少の混雑は回避できそう?と、急遽、7月のローズ・クラブの活動は横浜から六本木に変更となりました。

お目当ては、やはりVan Gogh! 1887~1889年の「自画像」「星降る夜」「アルルのゴッホの寝室」など余りにも有名な絵画を含む7点は解説書にあるように、どれも明るい色調で闊達な筆遣いです。日頃、印刷媒体やメディアを通して認識していた存在感をあっさり超越、大きな感動を与えてくれました。

それに、ポール・セザンヌの「台所のテーブル(籠のある静物)」、「サント=ヴィクトワール山」など8点もの作品を目の当りに出来て幸せでした。

画家にこのように描かせる衝動を起こす南仏の陽光を想像し、いつの日にか出かけ、肌で感じてみたいと思いました。

また、会場を回りながら大昔のパリ観光時にオルセーの前が長蛇の人の列で埋め尽くされ、仕方なく建物だけを遠巻きに観た感傷が甦りました。

この日やっと、かつては駅舎だった建物の中へ入り、最後の印象派から新印象派、そしてポスト印象派の絵画の部屋をめぐり歩いたような達成感がありました。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あじさい柄のテーブル・ランナー

009

7月に入り、街中の店が一斉にSALE!の旗を掲げ始めました。

この4文字が通常気にしてる店頭に出るとかなり嬉しく、店へと手招きされ吸い込まれます。そして、気合いを入れ、汗をふきつつお宝探しが始まるのです。

本日の一品は、生地を扱う鎌倉・スワニーで見つけた紫陽花柄の麻のテーブル・ランナー。 このての布は沢山持っているのに何故だか?またまた欲しくなる。。。

ガラスのスワンを置いたり、33x135cmのサイズを眺め、倍の長さがあれば帯にも流用できるかしらなどと、小一時間ほど楽しみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »