« 装い新たに | トップページ | 雪やこんこ »

第七回光墨会書展

002 第七回藤田紅子と書を楽しむ光墨会書展おめでとうございます。

お送りいただいた作品集から、藤田さんが多くの方々に熱意をもって指導されている様子が伝わってきます。

003 巻頭ページ作品は、「龍馬の瞳」に映る広大な自然の姿。それらが彼を暖かく包み進路を指示してくれたのではと地殻変動が起きるあの時代に思いを馳せました。

「ばらの新芽」で始まる工藤直子詩は藤田モデルで長い紙面を流れるように書き、まとめあげているところ「さすが!」です。素敵な作品をありがとうございました。

|

« 装い新たに | トップページ | 雪やこんこ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 装い新たに | トップページ | 雪やこんこ »