« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

野路菊と藪椿

逗子マリーナ書道教室では、梅雪かな帳を手本に習字した後、好きな言葉や俳句などを絵葉書に書き添え、ご自分の部屋に飾る季節の小さな書を仕上げます。

ここで、絵葉書課題のご紹介。11月は「菊」、12月は「椿」でした。

019_2野路菊が描かれたはがきに、よく似た?美しい秋明菊を詠んだ「片づけて秋明菊を挿しにけり」(黒田杏子)を書き始めたのですが、

片づけて部分に大分手こずり、どうも私は片づけられない女らしい?と一先ず諦め、結果このように。。。

「残菊のなほ華やかにしぐれけり」(日野草城)。二行目、はなやかに部分を華やかにとしたかったところですが、華が残菊と並び競り合うようで、書き出しだけのスポット照明です。

菊を詠んだ句には、「冬菊のまとふはおのが光のみ」という素晴らしい水原秋桜子の句があり、こちらは来年の挑戦課題に。

さて、大好きな「椿」が庭先で紅色のぽってりした花を咲かせ、そこに降り始めた白い雪。両者のコントラストは絶妙。葉の緑、背景に金色を置いた絵葉書には「Merry Christmas and Happy New Year!」 がぴったり?029 021

携帯水彩セットについている組み立て筆の柄の方を利用して書きました。アルファベットは筆ではどうも扱いにくい! そして、この季節の挨拶カードは黒マット&縁額、裂き織半幅帯のタペストリーに飾りました。024_2

逗子マリーナ書道教室へのお問い合わせはブログサイドバー「メール送信」からお願いします。

| | コメント (0)

嬉しいおくりもの

嬉しいクリスマスプレゼント。018 001その①は「クリスマス讃美歌集」のCD。

先週、夜空に星がきらきら輝く晩に教会で行われた「クリスマス讃美の夕べ」。 その時、讃美歌をパイプオルガンで、クリスマスソングメドレーをピアノで演奏された岩下昭比古さんからのプレゼント!!014

「久しく待ちにし」から「羊はねむり」まで17曲。もちろん「きよしこの夜」も12番目に。岩下氏が懐かしいクロダトーンというオルガンで演奏したCDです。

暇さえあれば朝から聴いて、もうリピートボタンはボロボロ。。。

ありがとうございました。

その②は、あの柊のブローチが落ち着きそうなジャケット。

おまけは、MOET のシャンパン。 乾杯!    

| | コメント (0)

柊のブローチ

クリスマスが近づくと、毎年決まってほしくなるのがクリスマス使用の期間限定アクセサリー。

この時期、玄関ドアーに飾るリースのように、ささやかな彩りと喜びを与えてくれるので、毎年、新たな一品探しを楽しみます。003

そして、静かに出会ったのが「Twilight Time」 にあった柊のブローチ。..:*・゜゜☆.:*゜゜.

アンティークアクセサリーを扱うこの店先を通過する時、決まって立ち止まり舐めるようにショ―ケースの中をのぞき込んでいたけれど、店内には決して立ち入ることを控えていた。

なぜなら、タグの価格面が裏返されていて、おまかせ寿司屋のカウンターに座るような勇気が必要だったから。。。

ベールに包まれていた立ち入り禁止ゾーンの扉を勇気を振り絞り開けると、そこは思いがけない経済特区!?

さて、どのジャケットの襟元につけよう。。。 005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »