« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

もみの木と雪うさぎ

明日から12月! 季節の部屋飾りは切り紙で作った「もみの木と雪うさぎ」 です。001

一本のもみの木は型紙で切った同形二枚が必要。それぞれ上下に切り込みを入れ挿しこむ方法で超簡単! 

そして、白い紙を丸く切り、散らし貼り。この過程が少し細かい。。。

しんしんと雪降る森でウサギ発見。

| | コメント (0)

藤原定家の明月記

001

上野・東京都美術館で開催中の「冷泉家 王朝の和歌守(うたもり)展・前期」へ出かけました。

冷泉家時雨亭叢書完結記念として、京都冷泉家において大切に800年間保管され、守り伝えられた貴重な勅撰集、歌集、古記録などが薄明りの館内、ガラスケースに収められ展示されています。

昨日は冷たく寒い一日でしたが、~藤原俊成、定家、為家、文学史上に輝くスターたち 平安・鎌倉期から「歌の家」に伝わる奇跡の御文庫の扉がいま開く~に心躍り!

筆書きで残された当時の書物に息を潜め、熱いまなざしで見つめました。(パンフレット表面の背景文字は「時明集」より、中央下の典籍は「素性集 色紙本」より。いづれも重要文化財、後期展示。)

中でもやはり圧巻は藤原定家自筆の明月記! 今宵の夢に巻物がずらりと並び、定家の忘れ難い現代的な筆跡が出現するに違いない。パンフ裏面左側上下部分の写真。003

実は、この展覧会チケットは横浜で偶然お会いした現日会のS氏よりいただいたもの。定家の明月記に引き合せてくださり、ありがとうございました。心よりお礼申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

色づく木々と路地

この一か月、いろいろありました。。。我が家も事業仕分けが必要らしい。

いずれにせよ、インフルエンザの予防接種と美容室で髪型修復を済ませ、強引にリセット! そして、先日の暖かい土曜昼下がりに久々の路地散歩に出ました。020

花屋の店先では赤い実をつけた山帰来(さんきらい)が目を惹きます。この枝を輪にすれば素敵なクリスマス・リースが出来そう!021

002 八幡宮・平家池では色づいた木々がどっぷり深まった秋の佇まいを水面に映してます。夏には蓮にびっしり覆われていた池が季節の移ろいとともに変化。どちらの季節も美しい姿を魅せてくれます。

路地を選び歩く。迷いながらも浄明寺という地名にある鎌倉五山第五位、浄妙寺に到着。このお寺、以前に訪ねた覚えがある。。。006 009

018 今日の目的地は、お寺の石庭を通り抜け、裏山中腹にある石窯ガーデンテラス。その名の洋館レストランとそこの石窯で焼いたパンを一度お試しあれ!と友人に勧められていたのです。午後三時ともなると、ガーデンテラス席は少し寒い?と一瞬躊躇いましたが、果敢に挑戦。広い庭を眺めながら美味しいスコーンがついたアフタヌーンティーをいただきました。015 017

また来週、来てしまいそうな予感。しばらくぶりに気の向くまま、色づく秋冬?を楽しみました。

| | コメント (2)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »