« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

夏の小物たち

朝から大雨。庭の槿(むくげ)はこの雨でその花をすべて地面に落としたことでしょう。

今日は一日中足止めを食らい家事に励むことにしましたが、実績は金魚の壁掛けや風鈴そして朝顔の飾りのついた夏のかほり巾着などの小物たちを片付けただけ。001_2008

明日から9月。。。なんだか今年の夏は短かった。007

| | コメント (0)

秋のグリーティングカード

この度、出来上がったグリーティング・カードです!001

大きさは2種類(B5、A5版二つ折り)、これは余白の少ないA5版です。表紙には平出明子氏の油絵≪暮秋≫、裏面には、同じく≪ざくろ≫がプリントされています。

≪暮秋≫は花器にたっぷり挿してある紫陽花、手前に置かれたいろいろな果実、そして鳥の置物など。。。が描かれてあります。 注目していただきたいのは6つの柘榴。

このカードには、その6つの≪ざくろ≫が左のテーブルの上から右の白い四角いお皿へ全員集合! という小さなストーリーが隠されているのです。

この秋に開催を予定していた絵画展ですが、大作展示には更なる準備期間が必要ということで当初の計画は先送りになりました。

残念な思いで一杯だった時に絵画カード作成の提案があり、急遽その方向で調整することになった次第です。。。

さて、次はどんなストーリーのカードが誕生するのでしょうか?

| | コメント (0)

ホタルとイルカ

八月も残すところあと一週間ほどになりました。

今年の鎌倉花火大会は台風接近の影響から大雨となり中止。浴衣で参加を心待ちにしてたのに残念無念でした。

さて、夏休みの思い出はイルカやホタルと遊んだ?ことでしょうか。

この夏、006 逗子マリーナのヨットハーバーに隣接してイルカと遊べるプールが出現しました。通常進入禁止ゾーンでかなり海へつき出た所、周りは青い大海原です。

あたかも沖の小島にいる気分でやさしい面持ちのイルカとふれあいます。このままイルカと一緒にどこまでも泳いでいけたらなあ~

つかの間、ドルフィンブルーの世界を楽しみました。006_2 009

もう一つは、「ホタルのお尻はなぜ光る?」

Cocolog_oekaki_2009_08_22_21_40

というテーマで科学研究者が実験解説する夏休み子供教室に参加。

今もって何が何だか理解できませんが。。。酵素とか栄養素?とかが入った液体A、Bを暗闇の部屋で混ぜ合わせたのです! そしたら光った~~ 電気のように発光した~~~!

ビーカーや試験管を使う実験は元来苦手ですが、この時は興奮しました。

その後はクリップ早つなぎゲーム! この繋いだクリップチェーンもホタルのように光らせよう~と、輝くビーズや暗くなると光る粘土が登場! これらを使いオリジナルアクセサリーを作ろう~~~001 こういうのは少し得意でっす。ペンダントヘッドに三日月付けました! 

お楽しみランチは定番のカレー。半世紀ほどのBack to the futureでした。。。

| | コメント (0)

第49回現日書展(2)

引き続き、第49回現日書展会場です。022 019 020 006_3

すばらしい作品に浸った後は美術館レストランで昼食! そして、地下・第一彫塑室Bギャラリーへ向かいます。同人研究作品コーナーにはかな・詩文作品(半紙用額ヨコ使用)が86点ほど。さらに奥の部屋には現日の大切な教育部、小中高の学生達のきらめく半切作品の展示が続きます。こちらもまったく見逃せません!015_2 004 007_2そして最後は my works。。。

016_3 002

* * * * * F i n * * * * *

| | コメント (0)

第49回現日書展

8月5日から東京都美術館で始まった49現日書展は早いもので会期中日を突破、只今後半快走中。004

*TokyoMetropolitanArtMuseum*TokyoMetropolitanArtMuseum*

東京都美術館は来春から改修工事予定、こちらでの夏の展覧会は二度ほど休止され別会場での開催となります。私たちは長年夏のふる里である上野へ熱い想いを抱いて帰省してました。。。

今更ながら都美の表示、地下展示室、休憩コーナーの四角いイスなどを懐かしく見入って。。。

そして会場へ。018009 012_2

写真は第一室に展示された大作です。越智麗川氏「龍飛鳳舞」、木原光威氏「いろは歌」、松本美娜氏「炎環」。圧倒的な気迫に驚くばかり! 少しお力分けて下さい。

その後、M&O両氏と共に「力強い!」と三者で太鼓判押したりしながら作品寸評の旅へ。。。023024

* * * * * To be continued. * * * * *

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »