« 柘榴のある静物 | トップページ | South India Restaurant »

雅印三種

012_2 書展で、奥山共心氏の篆刻作品「周興嗣千字文句」の前に立つと、いつもためいきをつきながら思いました。

いつか雅印を作ってもらえないだろうか?と。

このごろは、すぐにでも作ってほしい!と切望するようになり、とにかくお忙しいことは十分承知ですが、当って砕けろ!お願いしてみました。

そして、念願かない、つい先日届いた嬉しい雅印三種。日夜眺めて喜びに浸っております。ありがとうございました。

上の小印と下の枠なし1.5cm印は名字の一文字「伊」。中段は1.8cmで星夏の「星」を刻。私の書に合うように構想を練って下さいました。 夏の展覧会でデビューです。。。

|

« 柘榴のある静物 | トップページ | South India Restaurant »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 柘榴のある静物 | トップページ | South India Restaurant »