« 栗と雲の日々 | トップページ | 鎌倉、山間の秋 »

イチョウ柄の着物

昨日のお稽古は、紬のきものに名古屋帯を一重太鼓に結ぶ!でした。

夏のゆかたレッスンから、だいぶ時間が経ちましたが、3回目となると、きものに対する緊張感から解放され、ほんの少し余裕が生まれたようでした。

2008_112400072008_11280001今回も母のきものです。とても地味な抹茶色、所々に黄色の3枚のイチョウの葉がハラハラと落ちています。

帯は、「もうすぐクリスマス!」と感じるような?クリスマスカラー、帯揚げはきものが明るくなるように、イチョウの黄色を選びました。2008_112700032008_11270002

帯止めは持ち合せなく、その場で選んでいただきお借りしたのですが、帯にピッタリで「すごーーい!」を連発。 つくづく、着物の色あわせっておもしろいなあと思います。

今回、帯の一重太鼓の作り方を丁寧に教えてもらいました。体に巻く前に帯を折り畳み、帯枕に帯揚げを巻いて帯に差し込んでセット。そして前屈90度で背中に乗せる!?

この超スゴわざ「合点!」していただけましたでしょうか。

|

« 栗と雲の日々 | トップページ | 鎌倉、山間の秋 »

きもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172277/43252433

この記事へのトラックバック一覧です: イチョウ柄の着物:

« 栗と雲の日々 | トップページ | 鎌倉、山間の秋 »