« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

無心のまえで

 秋の独立選抜書展が東京都美術館で開催中と聞いて上野へ。  足を止めた2点の「無心」。 左:国吉幸舟先生の作品釈文には、「ゆったりとひろやかな作を」と制作意図が記載されてありました。 右:望月虚舟氏2008_09260006_22008_09260003_2

このところ締め切りが迫り、少々焦り気味?になっていましたが、今日出会えた言葉の前で、無心になるのは難しいけれど、ゆったり落ち着いた気持でまた書き始めてみましょうと。。。

2008_09260008左:光枝興二氏「蜀」、右:森本妙子氏「ささ降りや文月の花落ち流し」。久しぶりの独立展を観て、かなと詩文の表現形態の距離間は縮まりつつあるのでは?などと感じたり。 収穫の秋!でした。

8月には汗を拭きながら早足で通り抜けた上野公園でしたが、この時期はゆったり落ち着いて歩けますね~。帰りは賑わう御徒町駅へ。このゾーンでまた早足になってしまって! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元気なオルペティ・ミニパープル

2008_09150002 夏が過ぎ、我家のベランダで朝顔とバトンタッチするかのように咲きはじめた色鮮やかなミニパープルです。

8年程前にいただいたもの。その時は高さ5センチ?ほどのひ弱そうな蘭らしきミニチュア植物でした。

これなに? 一体これなに?と手にすると「オルペティ・ミニパープル」と書いてあったような? 植物図鑑で調べることもなく、ただ素焼きの鉢にみずごけを詰めて植え替え、株分けなど必要最低限のお世話だけを続けてきました。

それなのにそれなのに。。。。。。元気に育ってくれました。 これからも美しい花を絶え間なく咲かせてくださいね! お願いします。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スカイ アクアリウムⅡ

2008_09180006_2 六本木ヒルズ52F展望室に現れた天空の水族館へ。2008_09180003

アクアリウムとは熱帯魚やサンゴ、水草や岩などを用いて作る水槽世界のことだそうです。

どれも美しく作られていて溜息の連続!

東京の眺望と幻想的な水の世界に彷徨っていたら、なんだかフシギ体験ゾーンに迷い込んだ感覚に。 その後53F森美術館へ進むと、さらなるフシギアートシーンが待ち受けていて地に足が付かず。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GRAND BLUE

2008_08170006_2 2008_09080001

小倉から戻り、今日一日、荷物整理に明け暮れそうです。こういう時は気分転換が必要!と、お昼は小坪にあるレストラン「グランブルーオチアイ」へ出かけてみました。

少々もの足りませんがアップルタイザ-で「お疲れさま~」の乾杯! 明日から東京でのお仕事頑張って下さいね~。

2008_09080003 目の前にはマリーナに停泊するクルーザー、沖には江ノ島が。。。 ~~広い静かな青い海~~その眺めを楽しみながら噂のラ・ベットラパスタを美味しくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小倉にて

北九州・小倉から、いまだ続く残暑をお見舞い申し上げます。

こちらに居る間に9月になっってシマッタ!そして毎日暑い。。。でも気分は「今はもう秋~」ということに。万葉集・山上憶良詠『秋の七草』を書き、手作り「うさぎ&十五夜」を飾って。。。2008_06130011 2008_09060001

さて、小倉での夜散歩は室町(長崎街道入口)からの出発です。洞海湾にそそぐ紫川、そこに架かるときわ橋を渡り、京町商店街、魚町銀天街、平和町通り駅などなどを通過。 このあたりは商店街が網の目のように張り廻り、時折興味深い時代屋に遭遇すると喜びヒトシオ! この頃魅力的な店が少なくなりましたから。。。

夕食は大太鼓で美味しいおでんをいただきま~す。店を出る頃には街はどっぷり夜の景色に、私はホロ酔い気分。帰り道の紫川沿いは昼より断然雰囲気ありますね~そして前方に小倉城が出現!!その雄姿にしばしウットリ。 好きだな~この夜散歩ルート!2008_09050006 2008_09050012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »